詳細画像

商品ナンバー MC-0025
CITIZEN Alarm
シチズンアラーム19石
sold


手巻き。1958年製昭和33年(1958年)に「ベルの鳴る国産腕時計」としてセンセーショナルに登場したシチズンアラームです。
ムーブメントについたハンマーが裏蓋に植えられた打棒をたたいて鳴り、その音を特殊な内ケースを用いて大きくする仕組みです。
アラームはジジジーとアブラゼミさながらの音。まさに機械式であり昭和モダンの醍醐味があります。
これは目安板式と呼ばれたタイプで文字板中央の目安板を上のリュウズで動かして△マークを鳴鐘時刻にセットします。
△マークが青色なのは初期型の特徴で、裏蓋が一重蓋式なことも希少なシチズンアラームです。
直径34mm厚11mm


元のページへ戻る